TOP > 損害遅延金について

銀行カードローンを利用する上で、損害遅延金という言葉の

意味を正しく理解しておく必要があります。

損害遅延金とは、一般的に遅延利息または、

延滞利息と呼ばれるもので、返済日を過ぎてもお金を

返済できない場合など、債務の不履行があったと

みなされる場合において、債権者に対して、

損害賠償金として支払う義務があるお金のことを指します。



銀行カードローンを選ぶ上で、つい低金利の銀行を選び、

金利ばかりに注目する傾向がみられますが、意外なことに

損害遅延金については見落としがちです。



損害遅延金は、借入した残高×20%÷365日(1年)×返済が遅れた日数分

といった計算式で算出されます。

損害遅延金が発生することがないように、返済日についてきちんと

把握して、無理のない返済計画を心がけましょう。